NISAという言葉を知っていますか?NISAは投資金額の「100万円までの株式投資や投資信託にかかる値上がり益や配当金が非課税」となる制度です。株をやるのであればNISAを知らないと損をしてしますので注意しましょう。

NISAでPTS株価は株価検索しておこう

NISAで株投資をするなら夜間取引にも注目しておくことが大事です。基本的に日中に取引をするほうが出来高という意味ではしっかりと自分の好ましいタイミングで約定を狙いやすくなりますが、それでも夜間取引でPTS株価をチェックすることは大事です。NISAで口座を持っている証券会社の公式サイトでPTS株価を株価検索すれば、そのまま夜間取引出来るので基本は自分がNISA口座を持っている証券会社において株価検索するようにしましょう。インターネットでもPTS株価を株価検索して監視銘柄の現在値を見れます。この夜間取引は日中は仕事をしている人でも仕事が終わって帰宅してから夜にじっくりとを取引をすることが出来るという利点があります。しかし、一つ注意をしておくことは上記でも少し説明しましたが、PTS株価はとにかく出来高が乏しいです。これは銘柄にもよりますが、為替のように夜間帯も日中と同じようにかなり大きな出来高があるわけではないので、なかなか相場が動かないことが多いです。しかし、例えば明日に重要な発表があるという銘柄において、先取りして夜間から大きな出来高を伴って相場が急変するという展開もあることから、状況によってはしっかりとPTS株価も注目をしておきたいものがあります。会社や企業のIRも日中取引が終了した夕方に発表が出ることもありますし、夕方からは海外の市場が開くので、本当にいつ相場が大きく動いてもおかしくはない、このようなスタンスでPTS株価の取引を行うようにしましょう。また、経済指標を含めて重要な発表に関してはしっかりとスケジュールをチェックしておくことも大事です。発表がある日はしっかりとチェックしておきましょう。