知らないと損するNISAとは?

NISAという言葉を知っていますか?NISAは投資金額の「100万円までの株式投資や投資信託にかかる値上がり益や配当金が非課税」となる制度です。株をやるのであればNISAを知らないと損をしてしますので注意しましょう。

NISAの基本的情報

かつては資産運用を行う人と言えば、元々金持ちの資産家であるといったイメージが強くあったものです。ですがインターネットが一般化して以降は、普通のサラリーマンやOL、主婦といった人達も、積極的に株取引等の、投資を行っています。今や投資で資産運用を行うという人は、特に珍しい存在ではありません。
そしてそういった流れに乗り、自分も株取引を行おうと考える人は今も増え続けています。そしてその様な形で、株取引を開始しようとあれこれ調べ始めた時に、NISAという言葉を目にする事が少なくないです。ですがNISAという文字を見ても、それが一体何なのかが、直ぐにピンと来る人はほとんどいません。
そもそもNISAとは、株取引や投資信託等で得た運用益や配当金を一定の金額、非課税にしてくれるという制度です。ただし行うには、NISA口座と呼ばれる専用口座を開き、その口座を利用して株取引や投資信託を行う必要があります。ただしNISA口座で非課税となるのは、年間で最大100万円までであり、その金額を超える取引に関しては、通常通り、課税される事になるので注意が必要です。
ただしNISAは、5年間非課税にする事が出来るので、毎年100万円ずつの取引を行い、最大で500万円という金額の取引を非課税にする事が可能だったりします。なのである程度本格的に株取引を始めようと考えている人は、この口座を利用すれば、かなり得が出来る事になります。
そんなNISA口座ですが、20歳以上であれば誰でも開設する事が可能です。もっとも基本的に、全ての銀行や証券会社で1人1口座しか持てないので、あちこちの銀行に口座を開設して、非課税額を増やすといった方法を用いる事は出来ません。